MENU

ゼロファクター5αSPローションとシェイブジェルは別物!

tanimatukurikata
ゼロファクター5αSPローションとシェイブジェルは良く混合されていますが、実はというと全く別の商品です。同じ会社のゼロファクターから出されてはいますが、違うものです。

 

ざっくりいえば、

 

ゼロファクター5αSPローション⇒剃った後に塗るもの

 

ゼロファクターシェイブジェル⇒剃る前に塗るもの

 

といった違いです。

 

 

ようは、ゼロファクター5αSPローションはシェイビングジェルを使ってカミソリや電気シェーバーでひげを剃った後に塗るローションで、ゼロファクターシェイブジェルはシェイビングクリームとして使うものです。

 

ただ2つの商品で同じなのは、「ひげを薄くする」といったことです。

 

ここではゼロファクター5αSPローションとシェイビングジェルの違いについて書いていきます。

 

 

成分の違いはある??

tanimatukurikata
ゼロファクター5αSPローションに配合されている成分は、

 

スペアミント油、ザクロ、ダイズエキス、チョウジエキス、オウゴンエキス、ヒオウギエキス、パシャンベエキス、ガウクルア、パパイン酵素、サンショウエキス、ジオウエキスの11種類もの成分が入っています。

 

 

一方、ゼロファクターシェイブジェルには、

 

ダイズ、カミツレ、ジオウ、チョウジ、オウゴン、サンショウ、ヒオウギ、ラムアディバリカタ、アロエの9種の成分が配合されています。

 

 

少し配合成分に違いはあるのですが、実は中心となるのは5αリダクターゼを阻害する成分なので、期待出来る効果は同じということです。

 

 

tanimatukurikata
しつこいひげが生える原因は5αリダクターゼという酵素は、5αDHTに変化することで起こります。

 

なのでゼロファクターは共に、変化する前に抑えちゃおうよ!っていうひげ対策商品なのです!

 

 

料金が違うからこっちがおすすめ!

ゼロファクター5αSPローションとシェイブジェルですが、どっちかならどっちがおすすめか?というのを僕なりに書きました。

 

結論からいえば、ゼロファクター5αSPシェイブジェルの方をおすすめしています。

 

 

というのも、料金がシェイブジェルは公式サイトで今なら33%オフの2,743円で手に入ります!!ですが、ゼロファクター5αSPローションは6,480円かかってきます。

 

 

*追記
ゼロファクター5αspローションが今だけですが、シェイブジェルよりも安い初回980円で購入できるようになりました!!

 

 

同じ成分が入っていて、同じ効果があるのであれば安い方が当然良いと思います。
それに、今使っているシェイビングクリームの変わりとして使えるので、ひげをケアをするためのトータル的なコストも下がるからです!

 

 

もちろん理想は、ゼロファクター5αSPシェイブジェルでひげを剃って、その後にゼロファクター5αSPローションを塗るっていうダブルケアが良いですが、金銭面的に抑えたい人はゼロファクター5αSPシェイブジェルをまずは試して下さい。

 

 

⇒ゼロファクター5αSPローション公式サイト
*こちらから初回980円で手に入ります!

 

〜追記〜
現状はほぼ同成分ですが、値段がゼロファクター5αspローションが圧倒的に安くなっているので、こちらだけおすすめしています。

 

関連ページ

ゼロファクターの評判|みるみる髭が薄くなった
ゼロファクターの評判です!塗っているうちにヒゲが薄くなったという声がありました!
ゼロファクター5αspローションどこよりも詳しくレビュー!
ゼロファクター5αspローションはどういった商品なのか?他のどこよりも一番詳しくレビューしています!